ニュース News

2019年3月30日

瀬戸特任講師のちばレポを分析した論文の画像が国際学会誌のIJGI(International Journal of Geo-Information)最新号の表紙に掲載されました
The paper written by Dr.Seto appeared on the cover of IJGI(International Journal of Geo-Information)

瀬戸特任講師のちばレポ分析論文の画像が、国際学会誌のIJGI(International Journal of Geo-Information)最新号であるSpecial Issue “Volunteered Geographic Information: Emerging Applications in Public Science and Citizen Participation”の表紙Coverに掲載されました。

論文はこちらからご覧になれます。

写真

2019年2月20日

携帯端末データを用いた大規模地震後の人々の避難行動に関する論文が PlosOne (Impact factor: 2.766 in 2018)に掲載されました
The Paper on Evacuation Behavior after Big Earthquake Using Mobile Phone Data was Published in PlosOne (Impact factor: 2.766 in 2018)

Takahiro Yabe, Yoshihide Sekimoto, Kota Tsubouchi, Satoshi Ikemoto, “Cross-comparative analysis of evacuation behavior after earthquakes using mobilephone data” in PLoSONE 14(2):e0211375, 2019

こちらよりアクセス可能です.

写真

2018年5月1日

前田君の論文が交通工学論文集に掲載されました!
Mr. Maeda's paper was accepted by JSTE Journal of Traffic Engineering!

前田君(当時修士2年)の論文が交通工学論文集に掲載されました!

前田 紘弥, 関本 義秀, 瀬戸 寿一, 樫山 武浩, 小俣 博司
「機械学習とスマートフォンを用いた道路の損傷画像のリアルタイム検出と修繕対応基準における各特徴量の重要度比較」

論文はこちらからご覧になれます

2016年11月1日

特任助教須藤さん、M2矢部くんがSigSpatial2016で発表を行いました。
SigSpatial2016 @SF was held!

2016年10月31日~11月3日、アメリカ・サンフランシスコにて、空間情報分野のトップカンファレンスである<>SigSpatial2016<>が開催されました。
関本研究室からは特任助教須藤さん、修士課程2年矢部くんがそれぞれ口頭発表を行いました。
また、修士課程1年前田くんはSigSpatial2016 MobiGIS workshopにて口頭発表を行いました。
掲載論文・口頭発表資料については、下のリンクを参照してください。

On October 31th – November 3rd, 2016, 24th ACM SIGSPATIAL International Conference on Advances in Geographic Information Systems (ACM SIGSPATIAL 2016) was held in San Francisco, USA. –> CUPUM2015 webpage
From Sekimoto lab, Assistant Professor Sudo, 2nd year master course student Mr.Yabe each had oral presentations in the conference.
Also, 1st year master course student Mr.Maeda had oral presentation in 5th ACM SIGSPATIAL Workshop on Mobile Geographic Information Systems (MobiGIS 2016)
For proceedings and presentation slides, click on the links below!

Sudo-san IMG_1928
Dr.Sudo Mr.Maeda
Sudo-san IMG_1928
Mr.Yabe San Francisco Airport Marriott Waterfront

2016年9月27日

特任研究員福島さん、M1前田くんが土木情報学シンポジウムで発表を行いました。
Project researcher Mr.Fukushima and master student Mr.Maeda made presentations at JSCE(Japanese Society of Civil Engineering) annual civil information utilization symposium.

特任研究員の福島さん、M1の前田くんが、9/26-27で開催された土木情報学シンポジウムで発表を行いました。
福島さんの発表タイトルは「スマートフォン端末を用いた歩行者通行量計測」、
前田くんの発表タイトルは「Lightweight Road Manager: 深層学習を用いた路面損傷自動判定スマートフォンアプリ」でした。
M1前田くんは優秀発表賞を受賞しました。

Project researcher Mr.Fukushima and master student Mr.Maeda made presentations at JSCE(Japanese Society of Civil Engineering) annual civil information utilization symposium.
Mr.Maeda won the best presenter award! Congratulations!

前田発表
表彰状授与の様子

2016年8月14日

M2矢部君がUrbComp2016にて発表しました。
Master student Mr.Yabe made a presentation at UrbComp.

M2の矢部君が、サンフランシスコ・ヒルトンホテルで開かれたUrbComp(ACM KDDのワークショップ)にて発表をしました。
タイトルは、”Estimating Evacuation Hotspots using GPS data: What happened after the large earthquakes in Kumamoto, Japan?”でした。

Master course student Mr.Yabe made a presentation at UrbComp. The tittle was “Estimating Evacuation Hotspots using GPS data: What happened after the large earthquakes in Kumamoto, Japan?”

mito.jpg
当日の発表の様子

2016年8月9日

瀬戸特任講師が日本地図学会平成28年度定期大会で招待発表を行いました。
Project Lecturer Dr.Seto made an invited talk at Japan Cartographers Association

瀬戸特任講師が日本地図学会平成28年度定期大会における特別セッション「デジタル地図利用の現在・過去・未来とOSGeoの取り組み」で、招待発表を行いました。当日の発表資料はこちらをご覧ください。

mito.jpg
当日の発表の様子

2016年7月8日

須藤特任助教とM2矢部君がDICOMO2016にて発表しました。
Project Assistant Professor Dr.Sudo and master student Mr.Yabe made a presentation at UrbComp.

須藤特任助教とM2矢部君が、三重県伊勢市で開かれたDICOMO2016(7月6日~7月8日)にて研究発表しました。
発表タイトルは、以下の通りでした。
須藤特任助教:「集計位置データからの人流のリアルタイム推定のための粒子フィルタの提案と東日本大震災への応用」
M2矢部君:「GPS情報を用いた中規模災害による東京都心での個々人の通勤行動変化の予測手法」

mito.jpg
当日の発表の様子

2016年6月26日

瀬戸特任講師が大阪市立大学創造都市研究科で招待講演を行いました。
Project Lecturer Dr.Seto made an invited talk at Graduate School for Creative Cities, Osaka City University

瀬戸特任講師が大阪市立大学創造都市研究科知識情報基盤研究分野ワークショップで「地域課題の解決に向けたオープンな地理空間情報の活用とシビックテックの先進動向」 という講演を行いました。当日の発表資料はこちらをご覧ください。

2016年6月15日

瀬戸特任講師が第2回測量・地理空間情報イノベーション大会で招待講演を行いました。
Project Lecturer Dr.Seto made an invited talk at Japan Association of Surveyors

瀬戸特任講師が第2回測量・地理空間情報イノベーション大会で、「プラットフォーム化する地理空間情報と国内外の動向」という講演を行いました。当日の発表資料はこちらをご覧ください。

2016年2月1日

修士一年矢部くん論文がの交通工学研究会特集号に掲載されました。
the paper of master student Mr.Yabe was printed in JSTE Journal of Traffic Engineering.

修士一年矢部くん論文がの交通工学研究会特集号に掲載されました。

On 1st February 2016, the paper of master student Mr.Yabe was printed in JSTE Journal of Traffic Engineering.

2015年9月16日

瀬戸特任助教がFOSS4G Seoul2015で発表を行いました
Assistant Professor Seto had a Poster Presentation in FOSS4G 2015

2015年9月14日~19日、韓国・ソウル市内にて、国際学会であるFOSS4G 2015が開催されました。
–> FOSS4G 2015ホームページ
関本研究室からは瀬戸特任助教がポスター発表を行いました。
ポスター資料については、下のリンクを参照してください。

On 14th-19th Sep. 2015, FOSS4G 2015(Free and Open Source Software for
Geospatial) was held in Seoul, Korea. –> FOSS4G 2015 homepage
From Sekimoto lab, Assistant Professor Seto had a poster presentations in the academic track.
For the poster, click on the links below!

— Poster —

Assistant Professor Seto:
“A Study of the Development and Distribution of Open Geospatial Data in Japanese Local Governments”
Poster(slideshare page)

DSC02873 IMG_1928

2015年9月7日

菅野君がPURBA2015で研究発表を行いました
Mr.Kanno had a presentation in PURBA 2015

修士二年の菅野君が、Ubicomp併設ワークショップであるPURBA2015(大阪)で”Location estimation of real-time passengers:Using train object from timetable information created with crowdsourcing and CDRs”を発表しました。
発表スライドと論文については、下のリンクを参照してください。

From Sep. 7th 2015, the annual international conference of UbiComp was held in Osaka,Japan. –> Ubicomp 2015 webpage
From Sekimoto lab, Master 2nd year student Mr.Kanno had an oral presentation in the workshop.
For the presentation slides, click on the links below!(in English)

— Presentation Slides —

Mr.Kanno:
“Location estimation of real-time passengers:Using train object from timetable information created with crowdsourcing and CDRs”
Slides(PPT,5MB)

setofoss4g1

2015年9月2日

交通工学研究会にて、須藤研究員と矢部君が口頭発表を行いました
2 Members had Presentations at the annual conference of Japan Society of Traffic Engineers

2015年8月31日~9月1日、日本大学理工学部キャンパスにて、
交通工学研究発表会が開催されました。–> 交通工学研究発表会ホームページ
関本研究室からは須藤研究員と修士課程1年の矢部君がそれぞれ、口頭発表を行いました。
掲載論文・口頭発表資料については、下のリンクを参照してください。

On 31st Aug. and 1st Sep. 2015, the annual conference of Japan Society of Traffic Engineers was held in Nihon University. –> JSTE Conference webpage
From Sekimoto lab, Researcher Dr.Sudo and 1st year master course student Mr.Yabe each had oral presentations in the conference.
For proceedings and presentation slides, click on the links below! (Sorry, only in Japanese!)

— 発表論文・スライド —

須藤研究員:
「携帯電話データによる災害時のリアルタイムな人の分布の推定のためのナッジング項を持つパーティクルフィルタの提案」
論文(PDF,1.23MB) 発表資料(PDF,3.34MB)

矢部君:
「パーティクルフィルタを 用いた災害時における リアルタイムな人流推定手法」
論文(PDF,1.04MB) 発表資料(PDF,1.73MB)

2015年7月21日

CUPUM2015にて、瀬戸特任助教・長谷川さん・矢部君が発表を行いました
3 lab members had oral presentations in CUPUM2015, hosted by MIT

2015年7月7日~10日、アメリカ・ボストンのマサチューセッツ工科大学(MIT)にて、
GISと都市計画を主題とする国際学会であるCUPUM2015が開催されました。–> CUPUM2015ホームページ
関本研究室からは瀬戸特任助教、修士課程2年の長谷川さん、修士課程1年の矢部君がそれぞれ、口頭発表を行いました。
掲載論文・口頭発表資料については、下のリンクを参照してください。

On 7th-10th July 2015, CUPUM2015(14th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management) was held in Massachusetts Institute of Technology(MIT), Cambridge, USA. –> CUPUM2015 webpage
From Sekimoto lab, Assistant Professor Seto, 2nd year master course student Ms.Hasegawa, and 1st year master course student Mr.Yabe each had oral presentations in the conference.
For proceedings and presentation slides, click on the links below!

— Proceedings and Presentation Slides —

Assistant Professor Seto:
“Comparing the Distribution of Open Geospatial Information between the Cities of Japan and Other Countries”
Proceedings (PDF,1.69MB) Slides (PDF,2.86MB)

Ms.Hasegawa:
“How will Compact City Affect Me?: Urban Planning Simulation for Citizens”
Proceedings (PDF,0.91MB) Slides (PDF,2.62MB)

Mr.Yabe:
“Making Real-Time Predictions of People’s Irregular Movement under Disaster Situations”
Proceedings (PDF,1.12MB) Slides (PDF,1.90MB)

DSC02873 IMG_1928
The closing remarks of CUPUM2015 by SENSEable City Lab View of Cambridge from the rooftop of MIT Media Lab

2013年10月24日

柴崎・関本研究室がACRS2013に参加しました
Shibasaki & Sekimoto laboratory members joined the Asian Conference on Remote Sensing 2013

柴崎・関本研究室がバリ島で開催されたAsian Conference on Remote Sensing (ACRS) 2013 に参加しました。
20131024_084404 20131023_092535