ニュース News

2017年10月3日

MyCityForecastの英語版と、インドネシア・バリのコンテンツをリリースしました。
We released English version of MyCityForecast and contents of Bali, Indonesia !

研究室で開発を行っているMyCityForecastについて、新たに2つのバージョンをリリースしました。
今回、公開した2つのバージョンは以下の通りになります。

1. 日本語、英語対応の多言語版
日本語、英語対応の多言語版のMyCityForecastを下記にリリースしました。
トップメニューで言語が切り替えられます。
https://mycityforecast.net/

2.インドネシアのバリ島版
日本語、英語対応の多言語版のMyCityForecastをベースに
インドネシアのバリ島版のMyCityForecastを下記にリリースをしました。
https://bali.mycityforecast.net/

2017年10月2日

Daryaさんがショートインターンとして加わりました。
Darya san came to Sekimoto Lab from as an intern

サンクトペテルブルグ(St.Petersburg)大学よりDarya Kryutchenkoさんが関本研究室にインターンシップ生として加わりました。
12月までの約2か月間、関本研究室で研究を行います。

写真

2017年9月29日

少人数セミナー「アジア×ICT」の報告会を行いました。
Seminar of "Asia x ICT" was done in Myanmar, India and Indonesia.

本セミナーは関本研究室が2012年より社会基盤学科3年生を対象として開催しているもので、携帯・ICTを利用したサービス、特に交通、防災、健康・衛生などの社会公共的な色彩の濃いサービスが、東南アジアでどのくらい展開できる可能性があるのか調査し、夏休みの時期に、実際に現地に行き、現地の政府・企業・大学等関係者に対して提案・議論を行うというとても貴重な経験ができるセミナーです。

今年はミャンマー(写真左上)、インド(写真右上)、インドネシア(写真下)にて学部3年生が発表を行いました。

写真 写真
ミャンマーでの様子 インドでの様子
写真
インドネシアでの様子

2017年9月25日

Asnaさん(M1)が研究室に加わりました!
Master course student Asna san joined Sekimoto Lab !

修士課程のAsna さんが研究室に加わりました。これからもどうぞよろしくお願いいたします!

Master course student Ahmed Asna san joined Sekimoto Lab !

2017年9月13日

Ubicomp2017で矢部君が発表しました。
Yabe san made a presentation in Ubicomp2017.

ユビキタスコンピューティングの分野で世界最高峰の一つの国際会議
Ubicomp2017(採択率約20%)において、「CityFlowFragility: Measuring the Fragility of People Flow in Cities to Disasters using GPS Data Collected from Smartphones」という研究で発表を
しました。

写真
発表風景

2017年8月26日

関本研究室のメンバーで『南砺市まるごとマッピング』プロジェクトを実施しました!
"Extreme Mapping in Nanto City" was done by lab members

8月23日(水)より富山県南砺市にて、『南砺市まるごとマッピング』プロジェクトと称し、研究室合宿を行いました。
今回の合宿では日頃、研究で用いている知識・技術を駆使し、地域情報のデータ化および活用に関する実験を行いました。今年が初の試みになります。特に南砺市利賀を拠点として合宿を行いました。
初日は利賀地域に移動し、南砺市役所利賀庁舎において南砺市が行っている取り組みについての説明を受けました。夜には南砺市利賀地域の今後についての討議会に参加して地域の方や富山県立大学の学生と意見交換を行いました。また、この討議会の様子は8月24日付の北日本新聞の記事にも取り上げられました。

写真 写真
市役所におけるインプット 夜の討議会の様子

2日目からは各グループごとに本格的に調査を開始しました。留学生は南砺市井波を訪れ、観光情報についてLocalWikiの記事の執筆等を行いました。他のグループも南砺市利賀の道路を走行して道路の損傷について調査したり、南砺市役所を再び訪れ、より詳しいヒアリング調査を行ったりと様々な調査・分析を行いました。

写真 写真
南砺市井波への訪問 解析作業の様子

3日目は発表に向けて最後の追い込みを行った後、南砺市役所福野庁舎に移動しました。市役所においては、市関係者に対して各グループごとに発表を行いました(発表内容一覧は下表参考)。この発表の様子は8月25日付北日本新聞北陸中日新聞WEB版南砺市のWeb広報で取り上げられました。

No. プロジェクト名 発表者
1 スマートフォン画像による道路上の損傷検出~スマホで道路の傷を自動で抽出 前田紘弥:修士二年
2 利賀ダム展望台からの移動物体検知~4K動画を使って空を自動モニタリング 祖父江英謙:修士一年
3 GPSデータによる人の流動の可視化 樫山武浩:助教
4 GPSデータを用いた地域圏域の分析 藤原直哉:特任講師(代理:樫山)
5 南砺市公開道路GISデータの評価~市保有データ VS DRMデータ VS OSMデータ 金杉洋:特任研究員
6 公共交通等のインフラデータの評価~南砺市営バスデータのGTFSによる見える化 小俣博司:特任研究員
7 地域の特徴量と類似地域検索~自身の居住地と似ている地域? 前田翠:修士二年
8 南砺市内の3D地図の作成~南砺市まるごと見える化 福島祐樹:学術支援専門職員
9 井波のフィールドワークを通した観光情報の多言語発信~南砺の魅力を世界へ KoKo Lwin(ミャンマー): 特任助教、Pang Yanbo(中国), Nitchanan Prapaitrakul(タイ): 博士一年、Suseno Wangsit Wijaya(インドネシア): 修士二年
10 行政データのデータ整備評価プロジェクト~南砺市のオープンデータの今とこれから~ 横澤直人:修士一年
写真 写真
追い込みの様子 市役所での発表後の記念撮影

2017年8月17日

交通工学研究会で修士二年の前田君が研究奨励賞を頂きました!
Maeda kun won a research encouragement award in Japan Society of Traffic Engineers

8/8-9に行われた第37回交通工学研究発表会にて、修士二年の前田君が、
「機械学習とスマートフォンを用いた道路の損傷画像のリアルタイム検出と維持管理基準の作成」
の研究で研究奨励賞を頂きました!

2017年8月4日

Pardue大学に移籍する矢部君の壮行会を行いました!
Farewell party for Yabe san, who move to Pardue University was done.

8月からアメリカのPardue大学の博士課程に移籍する矢部君の壮行会を行
いました。

写真

2017年7月26日

ラ・サール学園の高校生に生産技術研究所の紹介をしました。
We introduce IIS to high school students

7/26に鹿児島県のラサール学園の高校生約50名が生産技術研究所に来訪し、合原研究室(数理モデリング)、大石研究室(ITS・バーチャルリアリティ)、巻研究室(海中ロボット)とともに、当研究室を見学していきました。

写真

2017年7月3日

アーバンデータチャレンジ2017キックオフイベントが行われました。
The kick-off of the Urban Data Challenge 2016 was held at IIS, The University of Tokyo.

アーバンデータチャレンジ2017キックオフイベントが7月3日に東京大学生産技術研究所にて開催されました。

写真

2017年6月20日

CSIS-S4D 第3回公開シンポジウム「i-Constructionを通してデータ流通を考える」が開催されました

CSIS-S4D 第3回公開シンポジウム「i-Constructionを通してデータ流通を考える」が6月20日に東京大学生産技術研究所で開催されました。

写真

Peerawit Pukkaewsri君がChiang Mai Universityから短期滞在します。
Peerawit Pukkaewsri kun came to sekimoto lab from Chiang Mai University as an intern!

Chiang Mai UniversityからPeerawit Pukkaewsriさんが関本研究室にインターンシップ生として加わりました。
8月までの約2か月間、関本研究室で研究を行います。

写真

2017年6月3日

生研公開2017が開催されました
IIS Open House was held

6月2-3日に、駒場リサーチキャンパス2017が開催されました。
柴崎・関本研究室でポスター展示を行いました。
展示されていたポスター(関本研究室分)は本ウェブサイト研究活動から閲覧できますので、ぜひご覧ください。

写真
展示の様子

2017年6月1日

MyCityForecastのカスタマイズ機能の有償プランリリースのお知らせ
Announcement of paid plan release of customization function of MyCityForecast

MyCityForecastのカスタマイズ機能の有償プランが本日(2017/06/01)から、
一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会(AIGID) により提供が開始されました。

MyCityForecastのカスタマイズ機能を利用するには有償プランのお申し込みが必要となります。
有償プランについてはAIGIDにお問い合わせください。
また、カスタマイズ機能以外の部分は引き続き無償でアクセス頂く事ができます。

主な変更点は以下です
——
* カスタマイズ機能の有償化
– 3カ月プラン:20万円(消費税込)
– 1年プラン:50万円(消費税込)
– 無料トライアル(1週間):0円
* カスタマイズ機能の処理時間の高速化
* G空間情報センターでの有償プラン販売
* 若干の操作性の改善
* アカウント情報ページ追加

有償提供開始記念キャンペーンとして、2017年度内にカスタマイズ機能利用契約をして頂いた方の中で希望される方には、
地域でのワークショップの開催支援として、1〜2名程度のワークショップ講師派遣を無償で行います。
詳しくはMyCityForecastのホームページ内のこちらの資料をご参照ください。

2017年5月31日

Asutosh Kumar君がインド工科大学Kanpur校から短期滞在します。
Asutosh Kumar kun came to Sekimoto Lab from Indian Institute of Technology Kanpur as an intern !

インド工科大学Kanpur校からAsutosh Kumarさんが関本研究室にインターンシップ生として加わりました。
7月までの約2か月間、関本研究室で研究を行います。

写真

2017年5月16日

藤原直哉先生(特任講師)が研究室に加わりました!
Project lecturer Dr.Fujiwara joined Sekimoto Lab !

特任講師藤原直哉さんが研究室に加わりました。これからもどうぞよろしくお願いいたします!

Project lecturer Dr.Fujiwara joined Sekimoto Lab!

2017年5月8日

MyCityForecastのカスタマイズ機能の有償提供開始予定のお知らせ
Announcement of schedule to start offering MyCityForecast's customization function

昨年10月に全国公開を行い、12月にカスタマイズ機能をリリースし、1月にワークショップを行ってきたMyCityForecastにつきまして、5月末よりカスタマイズ機能の有償提供を開始します。なお、カスタマイズ機能以外の部分は引き続き、上記サイトからオープンにアクセス頂く事ができます。
また、MyCityForecastは、総務省のICT地域活性化大賞2016で奨励賞を頂いております。こちらのサイトもあわせて御覧ください。
さらに、有償提供開始記念キャンペーンとして、2017年度内にカスタマイズ機能利用契約をして頂いた方の中で希望される方には、地域でのワークショップの開催支援として、1~2名程度のワークショップ講師派遣を無償で行います。
詳しくはMyCityForecastのホームページ内のこちらの資料をご参照ください。

2017年4月14日

次世代ちばレポ “MyCityReport”実証実験、参加自治体の追加募集 (第二次募集)を行います!(締切5/18)
【Deadline May 18th】Additional recruitment (2nd recruitment) of participating local governments for "MyCityReport",the next generation "ChibaReport"

昨年度から行っている、次世代ちばレポ“MyCityReport”実証実験につきまして、
参加自治体の追加募集(第二次募集)を行いますので、下記資料を参照の上、
御連絡を頂ければと思います。

参考資料
・資料 :次世代ちばレポ “MyCityReport”実証実験参加自治体の追加募集(第二次募集)のお知らせ

2017年4月2日

関本准教授と瀬戸特任講師が講師(客員)を務める、「生活における地理空間情報の活用」(放送大学)のTV放送は今クールは 毎週日曜日の19:00-19:45で、4/2(日)より始まります。
Lectures by Associate Professor Dr.Sekimoto and Project Lecturer Dr.Seto at The Open University of Japan start!

なお、関本准教授の出演回は、第1回(4/2)、第3回(4/16)、第6回(5/14)、第7回
(5/21)、第13回(7/2)、第15回(7/16)の予定です。瀬戸特任講師の出演回は、第2
回(4/9)、第14回(7/9)の予定です。

※放送大学はBS放送231ch、関東地域は地上デジタル12ch、あるいはケーブルTV等で視聴可能です。
※また、それに合わせて同名のテキスト「生活における地理空間情報の活用」が発売されています。

2017年4月1日

2017年度が始まります。横澤君(M1)が研究室に加わりました!
School year 2017 starts. New master course student Mr.Yokozawa joined Sekimoto lab.

2017年度が始まります。M1の横澤君が新たに加入しました!
New master course student Mr.Yokozawa joined Sekimoto lab.

2017年3月31日

須藤特任助教が静岡大学情報学部情報科学科に講師として栄転します!
Project Assistant Professor Dr.Sudo get transferred to Shizuoka University.

須藤特任助教が静岡大学情報学部情報科学科に講師として栄転します!
今まで色々とお世話になりました!
Project Assistant Professor Dr.Sudo get transferred to Shizuoka University.

送別会
送別会後の記念撮影

2017年3月25日

瀬戸特任講師が,共編著『参加型GISの理論と応用ーみんなで作り・使う地理空間情報ー』(古今書院)を出版しました。
Project Lecturer Dr.Seto et.al. published "Theory and Applications of Participatory GIS" (Kokon-shoin)

瀬戸特任講師が,共編著『参加型GISの理論と応用ーみんなで作り・使う地理空間情報ー』(古今書院)を出版しました。

Project Lecturer Dr.Seto et.al. published “Theory and Applications of Participatory GIS” (Kokon-shoin)

・Amazonリンク:『参加型GISの理論と応用ーみんなで作り・使う地理空間情報ー』(古今書院)

2017年3月17日

千葉市等とのMyCityReport実証実験に関する取組が多数のメディアで取り上げられました。
Demonstration experiment of “MyCityReport” received a lot of media attention.

千葉市等とのMyCityReport実証実験に関する取組が多数のメディアで取り上げられました。
Demonstration experiment of “MyCityReport” received a lot of media attention.

【TV】NHK北海道, 人工知能を道路管理で活用へ, 2017.3.17.
【TV】NHK北海道, 人工知能を道路管理で活用, 2017.2.14.
【Newspaper】読売新聞, 自治体にアプリで通報 住民が写真投稿, 2017.2.11.
【Web】日経コンストラクション, AIが損傷を指摘、千葉市の道路で実証実験, 2017.2.9.
【Web】日経BP, 道路補修判定・管理を自動化、千葉市や東京大学などが公道での実証実験開始へ, 2017.2.6.
【Newspaper】朝日新聞, 道路管理へ人工知能活用, 2017.2.5.
【Newspaper】日本経済新聞, 東大、AI道路管理の実証実験, 2017.2.1.
【Newspaper】北海道新聞, 道路の損傷、スマホで情報提供 室蘭市が新システム実証実験, 2017.1.31.
【Newspaper】日刊工業新聞, AIで道路管理 千葉市、システム実証, 2017.1.30.
【Newspaper】東京新聞, 道路の維持管理 人工知能が診断, 2017.1.27.
【Newspaper】日本経済新聞, 道路修理 AIが判断 千葉市、東大などと実験, 2017.1.21.
【Newspaper】日刊建設工業新聞, AIとIoTで高度化 東大と千葉市システム共同開発へ, 2017.1.20.
【TV】千葉テレビ, 千葉市×東大で「ちばレポ実証実験」, 2016.1.20.

2017年3月7日

研究室開発のMyCityForecastについて、総務省ICT地域活性化大賞2016で 奨励賞を頂きました。
“MyCityForecast” won a prize from Ministry of Internal Affairs and Communications

研究室開発のMyCityForecastに対して、総務省からICT地域活性化大賞2016の奨励賞を東京ビックサイトにて頂きました。“MyCityForecast” won a prize from Ministry of Internal Affairs and Communications

賞状
賞状

2017年2月25日

アーバンデータチャレンジ2016ファイナルステージが行われました。
The Final-Session of the Urban Data Challenge 2016 was held at IIS, The University of Tokyo.

アーバンデータチャレンジ2016ファイナルステージが行われ、修士一年の前田君が”Lightweight Road Manager”でアプリケーション銀賞(賞金30万円)を受賞しました。
Mr.Maeda had a presentation and won a bronze prize!

UDC2016集合写真
受賞者の集合写真

2017年2月7日

2016年度の卒論発表会が行われました!
Presentation of the final defense for undergraduate students was held!

2/7に学部四年の祖父江君が、卒論の発表を行いました。一年間お疲れ様でした!

On 7th February 2017, Mr.Sobue had a presentation at the final defense for undergraduate students of the department of Civil Engineering.

2017年2月1日

2016年度の修論発表会が行われました!
Presentation of the final defense for master students was held!

1/31, 2/1に修士二年の古澤君・矢部君が、修論の発表を行いました。二年間お疲れさまでした!

On 31st January 2017, Mr.Yabe and Mr.Furusawa had a presentation at the final defense for master students of the department of Civil Engineering.

古澤さん発表
古澤くんの発表

2017年1月19日

関本准教授が千葉市の熊谷市長と、次世代ちばレポ”MyCityReport”実証実験の開始に関する共同記者会見を行いました!
Associate Professor Dr.Sekimoto & Chiba city mayor Mr.Kumagai had a joint press conference!

関本准教授が千葉市の熊谷市長と、次世代ちばレポ”MyCityReport”実証実験の開始に関する共同記者会見を行いました!
詳細については、
・資料 :現場の知、市民の知を有機的に組み込んだ次世代型市民協働プラットフォームの開発
・別紙1:システム構成図
・別紙2:IoT・機械学習を用いた道路舗装損傷の自動抽出(概念図)
・別紙3:オペレーションズ・リサーチを用いた現場リソースの最適化
をご覧ください。

関本先生発表
共同記者会見の様子

2017年1月11日

Orange LabのZbigniew Smoreda博士が来日し、D4D(Data for Development)に関する特別講演・意見交換等を行いました。
Dr.Zbigniew Smoreda (Orange lab) came to Japan and made a presentation about D4D(Data for Development)

1/11-12 Orange LabのZbigniew Smoreda博士が来日し、D4D(Data for
Development)に関する特別講演・意見交換等を行いました。講演の詳細は以下より御覧ください。
講演の詳細

Dr.Zbigniew Smoreda (Orange lab) came to Japan and made a presentation about D4D(Data for Development)
Details of Presentation

smoredaさん
発表後打ち上げの様子(中央がsmoredaさん)

2016年12月22日

“MyCityForecast”のカスタマイズ機能をリリースするとともに、3地域でワークショップを行います!
MCF customizing function was released! & 3 MCF workshops will be held!

“MyCityForecast”のカスタマイズ機能をリリースするとともに、3地域でワークショップを行います!
詳細は、
MyCityForecast カスタマイズ機能リリースとワークショップ実施のお知らせ
カスタマイズ機能詳細
をご覧ください。

1/7,14,21に倉敷市(岡山県)、江津市(島根県)、南砺市(富山県)でワークショップを行いました!
下写真は各都市WSの様子です。

Sudo-san IMG_1928
江津市WS 倉敷市WS
IMG_1928
南砺市WS

2016年11月1日

特任助教須藤さん、M2矢部くんがSigSpatial2016で発表を行いました。
SigSpatial2016 @SF was held!

2016年10月31日~11月3日、アメリカ・サンフランシスコにて、空間情報分野のトップカンファレンスである<>SigSpatial2016<>が開催されました。
関本研究室からは特任助教須藤さん、修士課程2年矢部くんがそれぞれ口頭発表を行いました。
また、修士課程1年前田くんはSigSpatial2016 MobiGIS workshopにて口頭発表を行いました。
掲載論文・口頭発表資料については、下のリンクを参照してください。

On October 31th – November 3rd, 2016, 24th ACM SIGSPATIAL International Conference on Advances in Geographic Information Systems (ACM SIGSPATIAL 2016) was held in San Francisco, USA. –> CUPUM2015 webpage
From Sekimoto lab, Assistant Professor Sudo, 2nd year master course student Mr.Yabe each had oral presentations in the conference.
Also, 1st year master course student Mr.Maeda had oral presentation in 5th ACM SIGSPATIAL Workshop on Mobile Geographic Information Systems (MobiGIS 2016)
For proceedings and presentation slides, click on the links below!

Sudo-san IMG_1928
Dr.Sudo Mr.Maeda
Sudo-san IMG_1928
Mr.Yabe San Francisco Airport Marriott Waterfront

2016年10月16日

M2の矢部くんが、GIS学会2016で優秀発表賞を受賞しました!
Master student Mr.Yabe won presentation prize in GIS domestic conference!

M2の矢部くんが、10/15-16で開催されたGIS学会2016で発表を行い優秀発表賞を受賞しました。
発表タイトルは「携帯電話から取得されるGPSデータを用いた平成28年熊本地震における避難行動の分析」でした。

Master student Mr.Yabe made presentations at GIS 2016(GIS domestic conference).
Mr.Yabe won the best presenter award! Congratulations!

2016年10月4日

関本准教授と瀬戸特任講師が講師(客員)を務める、「生活における地理空間情報の活用」(放送大学)のTV放送は今クールは 毎週火曜日の10:30-11:15で、10/4(火)より始まります。
Lectures by Associate Professor Dr.Sekimoto and Project Lecturer Dr.Seto at The Open University of Japan start!

なお、関本准教授の出演回は、第1回(10/4)、第3回(10/18)、第6回(11/8)、第7回(11/15)、第13回(12/27)、第15回(1/17)の予定です。瀬戸特任講師の出演回は、第2回(10/11)、第14回(1/10)の予定です。

※放送大学はBS放送231ch、関東地域は地上デジタル12ch、あるいはケーブルTV等で視聴可能です。
※また、それに合わせて同名のテキスト「生活における地理空間情報の活用」が発売されています。

都市計画コミュニケーションツール”MyCityForecast”全国版を公開開始するとともに、ワークショップ実施地域を募集します!
Invitation to the workshop of MyCityForecast!

[10/16更新] 福島県の各市町村と、ここ数年以内に合併や市町村名変更等のあった自治体の合計14つを除き、1670の自治体に対応しました。未対応の自治体につきましては少々お時間頂ければと思います。

このたび全国版の無償公開を開始しましたので、お知らせいたします(一部データ処理中の地域を含め、概ね10月中下旬までに全国の自治体のデータが入る予定です)。

http://mycityforecast.net

今回、都市計画・まちづくりに興味をお持ちで、2016年度にMyCityForecastを用いたワークショップを開催する地域の関係者を募集しています。応募地域は2016年度内はMyCityForecastの有償機能部分も無償で利用でき、また必要に応じて講師派遣等、開催支援も行いますので、是非、積極的に申込み頂ければと思います。なお、代表者は必ずしも自治体である必要はありませんが、主たる参加者に自治体関係のかたが含まれる必要があります。

■応募方法
・応募期間:10月4日〜10月31日
・5地域程度
 ※原則は先着順で、応募者多数の場合は締切日前に締め切る事があります。
・連絡先:関本准教授(sekimoto@iis.u-tokyo.ac.jp)

※詳細な説明はこちら参考資料1を参照下さい。

2016年9月30日

少人数セミナーの報告会・打ち上げが行われました。
On 30th September 2016, briefing session of Sekimoto lab seminar for undergraduate students were held.

9/30(金)に少人数セミナーの発表会・打ち上げが開催されました。本セミナーは関本研究室が2012年より社会基盤学科3年生を対象として開催しているものです。
本セミナーの具体的な内容としては、携帯・ICTを利用したサービス、特に交通、防災、健康・衛生などの社会公共的な色彩の濃いサービス(つまり、必ずしも政府がやるものではなく、民間が商用サービスとして展開できるようにもので、社会公共にも貢献できるようなもの)が、東南アジアでどのくらい展開できる可能性があるのか調査し、調査報告書+サービス提案企画書の形でまとめるというものです。また、夏休みの時期に、実際に現地に行き、現地の政府・企業・大学等関係者に対して提案・議論を行うというとても貴重な経験ができるセミナーです。今年はミャンマー(写真左上)、インド(写真右上)、インドネシア(写真左下)にて学部3年生が発表を行いました。右下の写真は9/30(金)に研究室学生に対する発表会後の様子です。

これまでは、ヤンゴン(ミャンマー)、バンコク(タイ)、ダッカ(バングラディシュ)、マニラ(フィリピン)、ジャカルタ(インドネシア)、ハノイ(ベトナム)、カトマンズ(ネパール)などの国が対象国となっています。

This is a special class “Asia X ICT” of civil engineering dept. for undergraduate student.
This year 5 undergraduate students made presentations in Yangon, Jakarta, Delhi respectively.

DSC02873 IMG_1928
DSC02873 IMG_1928

2016年9月28日

当研究室に新メンバーが2名加わりました!
Welcome to Sekimoto Lab!

D1ニチャナンさんとM1前田翠さんが研究室に加わりました。これからもどうぞよろしくお願いいたします!
Doctor student Ms.Nitchanan and master student Ms.Maeda joined Sekimoto Lab!

2016年9月27日

M1前田くんが土木情報学シンポジウムで優秀発表賞を受賞しました。
Master student Mr.Maeda won the best presenter award at JSCE annual civil information utilization symposium!

M1の前田くんが、9/26-27で開催された土木情報学シンポジウムで発表を行い優秀発表賞を受賞しました。
発表タイトルは「Lightweight Road Manager: 深層学習を用いた路面損傷自動判定スマートフォンアプリ」でした。

Master student Mr.Maeda made presentations at JSCE(Japanese Society of Civil Engineering) annual civil information utilization symposium.
Mr.Maeda won the best presenter award! Congratulations!

前田発表
表彰状授与の様子

2016年8月26日

次世代ちばレポ “MyCityReport”実証実験、参加自治体募集のお知らせ(締切10/31まで延長!)
Invitation to the demonstration experiment of next generation ChibaReport

[9/29更新] 延期した参加締切に先立ち、準備会を10/11 13時〜駒場第二キャンパスで行う事としました。この時点では正式参加するしないに関わらず出席して、取組概要を聞くことが可能です。出席希望の自治体担当者の方は関本准教授(sekimoto@iis.u-tokyo.ac.jp)まで、お問い合わせ下さい。

[9/23更新] 検討期間の延長要望がいくつかの地方自治体からあったため、参加申し込みを10/31に延期しました。10月中に準備会合を開催予定ですが、未申込で本プロジェクトについて直接話を伺いたい自治体担当者の方は関本准教授(sekimoto@iis.u-tokyo.ac.jp)まで、お問い合わせ下さい。

 次世代ちばレポ”MyCityReport”の構築と実証(平成28〜30年度)に関心があり、道路・公園等の公共施設管理関係の部局に協力を得られて、検討会に参加できる地方自治体関係者を本日から9/23まで募集します。参加頂ける場合は旅費等の支援が可能な場合がありますのでご相談下さい。また、実験期間中は本システムは原則無償で利用でき、実証実験のサポートを行います。募集についての詳細は下記資料をご覧下さい。
次世代ちばレポ “MyCityReport”実証実験参加自治体募集のお知らせ

 なお、原則は先着順で、10自治体程度(千葉県内5自治体、県外5自治体を目安)とし、応募者多数の場合は締切日前に締め切る事があります。

・連絡は関本准教授(sekimoto@iis.u-tokyo.ac.jp)まで。

※10月中下旬に第1回の検討会を予定し、以降2〜3か月に1回程度、開催予定です。スケジュールと注意事項については、下記参考資料を御覧下さい。
スケジュールと注意事項

※「現場の知、市民の知を有機的に組み込んだ次世代型市民協働プラットフォームの開発」の提案内容は、下記参考資料を御覧下さい。
現場の知、市民の知を有機的に組み込んだ次世代型市民協働プラットフォームの開発

2016年8月25日

M2矢部君が中心となってYahoo! Japan社と取り組んだ「熊本地震での隠れ避難所の推定プロジェクト」が日経産業新聞に掲載されました
"A Framework for Evacuation Hotspot Detection after Large Scale Disasters using Location Data from Smartphones: Case Study of Kumamoto Earthquake" by master student Mr.Yabe and Yahoo! Japan were shown on Nikkei Industrial Newspaper

M2矢部君が中心にYahoo! Japan社と取り組んだ「熊本地震での隠れ避難所の推定プロジェクト」が日経産業新聞に掲載されました。記事はオンラインでも以下のリンクにて公開されています。ぜひご覧下さい!
日本経済新聞オンライン 2016年8月25日「IoTで土砂災害を事前に察知 人を救うIT」

2016年7月14日

「熊本地震発生後の隠れ避難所推定プロジェクト」の成果がYahoo! Japanビッグデータレポートに掲載されました
"A Framework for Evacuation Hotspot Detection after Large Scale Disasters using Location Data from Smartphones: Case Study of Kumamoto Earthquake" by master student Mr.Yabe and Yahoo! Japan were shown on Yahoo! Big Data Report

修士二年の矢部君が中心にヤフー株式会社と取り組んでいた「熊本地震発生後の隠れ避難所推定プロジェクト」の成果がYahoo! Japanビッグデータレポートに掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。

mito.jpg
地震後(4月16日)の混雑マップ

2016年7月1日

当研究室に新メンバーが加わりました!
Welcome to Sekimoto Lab!

秘書の保坂さんが研究室に加わりました。これからもどうぞよろしくお願いいたします!
Secretary Ms.Hosaka joined Sekimoto Lab!

2016年6月4日

生研公開2016が開催されました
IIS Open House was held

6月3-4日に、駒場リサーチキャンパス2016が開催されました。
柴崎・関本研究室でポスター展示を行いました。
展示されていたポスター(関本研究室分)は本ウェブサイト研究活動から閲覧できますので、ぜひご覧ください。

mito.jpg

2016年5月30日

ヤンゴン工科大学の4名が5/9〜5/29まで関本研究室に滞在しました。
4 visitors from YTU transportation lab stayed and learned at Sekimoto lab

ヤンゴン工科大学の4名が5/9〜5/29まで関本研究室に滞在しました。
JICA SATREPSプロジェクトの関係で、ヤンゴン工科大学の4名が5/9〜5/29まで
関本研究室に滞在し、研究を行いました。

In relation with JICA SATREPS project, 4 visitors from Yangon Technological University(YTU) transportation laboratory stayed and learned data handling techniques at Sekimoto lab during May 9-29th.

mito.jpg

2016年5月25日

修士学生前田くんがUrb-IoT2016でベストポスター賞を受賞しました
Master student Maeda won the Best Poster award in Urb-IoT2016, an international conference held in Tokyo, Japan

2016/5/24-25に、東京大学生産技術研究所で国際カンファレンスUrb-IoT2016が開催されました。
修士1年前田くんがポスター発表を行い、投票によりベストポスター賞に選ばれました。

On 24th-25th May 2016, Urb-IoT2016(The 2nd EAI International Conference on IoT in Urban Space) was held in Institute of Industrial Science, the University of Tokyo.
Master student Maeda won the Best Poster award.
Urb-IoT 2016

mito.jpg

2016年5月20日

平成28年4月熊本地震における混雑度推計結果を公表しました。
The Estimation for Human Congestion on The 2016 Kumamoto Earthquake

本推計は、ゼンリンデータコム社「混雑統計(R)」の提供を受け、平成28年4月熊本地震の前後(2016年4月7日〜4月17日)の期間における熊本県内の滞在者について、瀬戸 特任講師・樫山 学術研究支援職員・関本 准教授が中心となって分析を行ったものです。

分析結果の概要および詳細はこちら(PDF形式:39.4MB)をご覧ください。

mito.jpg

2016年4月26日

瀬戸特任講師へのインタビュー記事が毎日新聞『熊本地震 地図情 報を集めたサイト開設』に掲載されました
Project Lecturer Dr.Seto commented in Mainichi Newspapers

瀬戸特任講師へのインタビュー記事が毎日新聞『熊本地震 地図情報を集めたサイト開設』に掲載されました。詳細は毎日新聞HP(http://mainichi.jp/articles/20160426/mog/00m/040/007000c)をご覧ください。なお、記事で取り上げられているサイトは、こちらです。

mito.jpg

2016年4月15日

社会基盤学専攻の大学院入試説明会について
For Graduate School of Civil Engineering Examination Information

工学系研究科社会基盤学専攻の大学院入試説明会が本郷キャンパス工学部1号館15講義室にて2016年5月21日(土)の13:00より開催されます。当研究室への進学をご希望の方はご出席ください。
詳細はこちらをご覧ください。
大学院入試情報はこちらを ご覧ください。

On the 21st of May 2016 from 13:00, the information session of our department’s entrance examination will be held in the Room 15 of the Faculty of Engineering Bldg. 1.
Please attend this meeting if you wish to apply.
For further information, see This Page.
For general information on graduate school entrance examinations, see This Page.

2016年4月6日

本年度初の研究室ゼミと新入生歓迎会が開催されました!
The first BC and Welcome party were held!

本年度初めての研究室ゼミが開催され、その後新入生歓迎会を行いました。これからも研究室一丸となって、楽しく、結果を出していきましょう!
On 6th April 2016, the first bootcamp on this fiscal year was held. After bootcamp, welcome party for new members was held!

2016年4月1日

当研究室に新メンバーが5名加入しました!
Welcome to Sekimoto Lab!

特任助教Lwinさん、M1坂田さん、M1 Susenoさん、B4祖父江くん、研究生ホウさん、秘書の辻仁佳子さんが研究室に加わりました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
On 1st April 2016, Project associate professor Dr.Lwin, master student Ms.Sakata, Mr.Suseno, undergraduate student Mr.Sobue, research student Mr.PangYanbo and secretary Ms.Tsuji joined Sekimoto Lab!

関本准教授が主任講師(客員)を務める「生活における地理空間情報の活用」(放送大学)のTV放送が4/1(金)より始まります
Lectures by Associate Professor Dr.Sekimoto at The Open University of Japan start!

関本准教授が主任講師(客員)を務める「生活における地理空間情報の活用」(放送大学)のTV放送が、
4/1(金)より始まります。詳細は放送大学シラバスをご覧ください。

4年間程度の放送を予定しており、2016年度上半期は毎週金曜22:15〜23:00で、第1回は4/1(金)で全15回になります。
なお、関本准教授の出演回は、第1回(4/1)、第3回(4/15)、第6回(5/13)、第7回(5/20)、第13回(7/1)、第15回(7/15)の予定です。瀬戸特任講師の出演回は、第2回(4/8)、第14回(7/8)の予定です。
現代社会において重要性が増しているGISについて詳しく解説しているので、ぜひご覧下さい!

※放送大学はBS放送231ch、関東地域は地上デジタル12ch、あるいはケーブルTV等で視聴可能です。
※また、それに合わせて同名のテキスト「生活における地理空間情報の活用」が発売されています。

mito.jpg

2016年3月31日

修士二年の長谷川さんが水戸市長らにプレゼンを行いました
Master 2nd year student Ms.Hasegawa had a presentation to city mayor

修士二年の長谷川さんがMyCityForecastに関する修士論文の内容を水戸市役所にて、水戸市長等にプレゼンを行いました。
発表内容としては、UDC2015でアプリケーション賞を受賞した「My City Forecast(マイ・シティ・フォーキャスト)~あなたの街の未来予報~」についての受賞後一年間の成果です。水戸市HPにも取り上げていただきました。
Master 2nd year student Ms.Hasegawa had a presentation to city mayor at Mito city hall.

mito.jpg

2016年3月28日

学部四年の前田君が千葉市長らに発表を行いました
Undergraduate student Mr.Maeda had a presentation to Chiba city mayor and officers

学部四年の前田君がちばレポに関する卒業論文の内容を千葉市役所にて、千葉市長等にプレゼンを行い、市長twitterに取り上げて頂きました。
Undergraduate student Mr.Maeda had a presentation to city mayor and officers at Chiba city hall.

千葉市長Twitter

mito.jpg

2016年3月16日

修士一年の矢部君が工学系研究科の『武者修行プログラム』から帰国しました
Master Student Mr. Yabe visited many US universities and research institutes to present his works, funded by the Faculty of Engineering.

関本研究室修士課程一年の矢部君が工学系研究科の「武者修行プログラム」に参加し、アメリカ東海岸各地の様々な大学・研究機関を訪問し、研究発表を行いました。訪問先であるSenseableCity Lab (MIT), Vespignani Lab (Northeastern Univ.), CIESIN (Columbia Univ.), GFDRR (World Bank), Taylor Lab (Virginia Tech.) 等で、「災害発生時の人々の行動予測」に関する研究について発表を行い、多くの現地の教授・研究者と議論・意見交換を行いました。期間は2/28〜3/16です。

Master Student Mr. Yabe visited many universities and research institutes in the US to present his works in a program funded by the Faculty of Engineering. He visited SenseableCity Lab (MIT), Vespignani Lab (Northeastern Univ.), CIESIN (Columbia Univ.), GFDRR (World Bank), Taylor Lab (Virginia Tech.), and many more organizations to present his research works on “Predicting and Understanding Human Mobility in Disasters”.

mito.jpg
Visiting places

2016年3月11日

TBS『Nスタ3.11震災5年 記憶を未来へ伝える力』に関本准教授と樫山学術研究支援職員が出演しました
Associate Professor Dr.Sekimoto and Lab’s researcher Dr.Kashiyama appeared in TBS program

TBS『Nスタ3.11震災5年 記憶を未来へ伝える力』に、復興支援アーカイブを活用した震災当日の避難の状況の可視化で、関本准教授と樫山学術研究支援職員が出演しました。詳細については、番組HPをご覧ください。
On 11th March 2016, Associate Professor Dr.Sekimoto and Lab’s researcher Dr.Kashiyama appeared in TBS program about data visualization of Evacuation at The Great East Japan Earthquake.

DSC02873 IMG_1928
Nスタ3.11震災5年 記憶を未来へ伝える力(番組HPより転載) 震災当日の避難状況可視化イメージ(番組HPより転載)

2016年2月27日

中條特任准教授がNHK第9回データなび『多発する交通事故を減らせ!』に出演しました
Project Associate Professor Dr.Nakajo appeared in 9th NHK Data-Navi

中條特任准教授がNHK第9回データなび『多発する交通事故を減らせ!』に出演しました。
詳細は番組HPをご覧ください。
On 27th February 2016, Project Associate Professor Dr.Nakajo appeared in 9th NHK Data-Navi.

アーバンデータチャレンジ2015ファイナルステージが行われました
The Final-Session of the Urban Data Challenge 2015 was held at IIS, University of Tokyo

アーバンデータチャレンジ2015ファイナルステージが行われました。アーバンデータチャレンジとは2013年度より始まった、地域課題の解決を目的とした地方自治体を中心とする公共データを活用した年間のイベント開催を伴う一般参加型コンテストです。詳しくはアーバンデータチャレンジ2015ウェブサイトFacebookページをご覧ください。
On 26th and 27th February 2016, the Final-Session of the Urban Data Challenge 2015 was held at IIS, University of Tokyo.

mito.jpg

2016年2月24日

関本准教授と修士一年矢部君がヤフー株式会社で社内講演会を行いました
Associate professor Dr.Sekimoto and master student Mr.Yabe had presentations respectively at Yahoo Japan Corporation

関本准教授と修士一年矢部君がヤフー株式会社で社内講演会を行いました。
On 24th February 2016, associate professor Dr.Sekimoto and master student Mr.Yabe had presentations respectively at Yahoo Japan Corporation.

2016年2月10日

学部四年の前田君が、社会基盤学科卒業論文発表会で発表しました。
Mr.Maeda had a presentation of graduation thesis at the defense of the department of Civil Engineering

社会基盤学科卒業論文発表会で学部四年の前田君が「ディープラーニングを用いた画像処理による市民協働のインフラ維持管理手法の提案」を発表しました。
On 10th February 2016, undergraduate student Mr.Maeda had a presentation of graduation thesis at the defense of the department of Civil Engineering.
The title was “An Easy Infrastructure Management Method Using On-Board Smartphone Images and Citizens Reports by Deep Neural Network”.

mito.jpg

2016年2月4日

中條特任准教授がISO/TC204国際標準化活動に関する専門家会議で講演を行いました。
Project associate professor Dr.Nakajo had a presentation at ISO/TC204 international standardization export meeting.

中條特任准教授がISO/TC204国際標準化活動に関する専門家会議で、「デジタル地図に関する標準化動向」という講演を行いました。
On 4th February 2016, project associate professor Dr.Nakajo had a presentation at ISO/TC204 international standardization export meeting.

2016年2月2日

修士二年の長谷川さんが修士論文発表会で古市賞を受賞しました。
Ms.Hasegawa won the Furuichi Prize at the final defense for master students of the department of Civil Engineering

社会基盤学専攻修士論文発表会で修士二年の長谷川さんが「行政と市民の協働に向けた年の将来像可視化システムに関する研究」を発表し、古市賞を受賞しました。
On 2nd February 2016, master student Ms.Hasegawa had a presentation and won the  Furuichi Prize at the final defense for master students of the department of Civil Engineering.
The title was “ Studies on Urban Visualization Systems for Citizen-Government Cooperation”

mito.jpg

2015年12月20日

特任研究員の須藤さんがシンガポールから帰国しました
Project Researcher Mr.Sudo came back to Japan

2015年10月から12月の期間でシンガポール国立大学に滞在していた特任研究員の須藤さんが帰国しました。
研究タイトルは、”Representation learning for predicting the number of visitors using the anonyimized real-time Wi-fi data”です。

Project Researcher Mr.Sudo, who engaged in research at SMU(Singapore Management University), came back to Tokyo. His research topic in Singapore is “Representation learning for predicting the number of visitors using the anonyimized real-time Wi-fi data”

mito.jpg
SMUでのプレゼンテーションの様子

2015年12月4日

中條特任准教授がITSシンポジウム2015でベストポスター賞を受賞しました。
Project Associate Professor Dr.Nakajo won the 1st prize at ITS symposium 2015

中條特任准教授がITSシンポジウム2015でベストポスター賞を受賞しました。

該当ポスターは以下のリンクから取得することができます。

On 4th December 2015, Project Associate Professor Dr.Nakajo won the 1st prize at ITS symposium 2015.

http://www.its-jp.org/wp-content/uploads/2015/12/2015-1-2A-05.pdf

2015年11月6日

関本准教授が199回CVIM研究会(情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会)(神戸大学)で招待講演を行いました。
On 6th November 2015, Associate Professor Dr.Sekimoto had a key note presentation at 199th CVIM(Computer Vision and Image Media) conference.

2015年10月28日

関本准教授がインフラ長寿命化研究会(鹿島建設)で基調講演を行いました。
On 28th October 2015, Associate Professor Dr.Sekimoto had a presentation at long life infrastructure research community(Kajima Corporation)

2015年10月21日

少人数セミナーの報告会・打ち上げが行われました。
On 21st October 2015, briefing session of Sekimoto lab seminar for undergraduate students were held.

本セミナーは関本研究室が2012年より社会基盤学科3年生を対象として開催しているものです。
本セミナーの具体的な内容としては、携帯・ICTを利用したサービス、特に交通、防災、健康・衛生などの社会公共的な色彩の濃いサービス(つまり、必ずしも政府がやるものではなく、民間が商用サービスとして展開できるようにもので、社会公共にも貢献できるようなもの)が、東南アジアでどのくらい展開できる可能性があるのか調査し、調査報告書+サービス提案企画書の形でまとめるというものです。また、夏休みの時期に、実際に現地に行き、現地の政府・企業・大学等関係者に対して提案・議論を行うというとても貴重な経験ができるセミナーです。

これまでは、ヤンゴン(ミャンマー)、バンコク(タイ)、ダッカ(バングラディシュ)、マニラ(フィリピン)、ジャカルタ(インドネシア)、ハノイ(ベトナム)、カトマンズ(ネパール)などの国が対象国となっています。

DSC02873 IMG_1928
Presentation at YTU(Yangon Technological University) View from Charminar in Hyderabad

2015年10月8日

中條特任准教授がITS World Congress 2015『PR13 Is there a business case for a universal mobility service marketplace?』で招待講演を行いました。

中條特任准教授がITS World Congress 2015『PR13 Is there a business case for a universal mobility service marketplace?』で招待講演を行いました。
On 8th October 2015, Project associated professor Dr.Nakajo had a key note presentation at ITS World Congress 2015 ITS World Congress 2015 “PR13 Is there a business case for a universal mobility service marketplace?”

2015年9月30日

人の流れワンデイセミナーを行いました
People Flow 1-Day Tutorial was held

2015年9月30日、東京大学生産技術研究所において、人の流れワンデイセミナーが行われました。
様々な大学や、地方自治体、民間企業から約40名の参加がありました。
セミナーでは、参加者による「人の流れデータ」利用事例や民間企業による人々の移動履歴データの分析例が紹介されました。
後半では3時間半にわたり、金杉研究員より「人の流れデータ」の解析方法についてのチュートリアルが開かれました。

On 30th Sep. 2015, the 1-Day People Flow Tutorial Session was held in IIS, the University of Tokyo.
Over 40 people from universities, local governments and private companies joined the session.
In the seminar, the participants introduced how they use the “People Flow Dataset” in their research, and private companies presented what kind of data they analyse and what they can understand from them.
The second half of the seminar was Mr.Kanasugi’s 3.5-hours lecture on how to handle and analyse “people flow dataset”, which was well-received to the participants.

DSC02873 IMG_1928

2015年9月29日

アーバンデータチャレンジ2015中間報告が行われました
Mid-Session of Urban Data Challenge 2015 was held

2015年9月29日、東京大学生産技術研究所において、アーバンデータチャレンジ2015の中間報告会が行われました。
全国から約150人の参加者が集まりました。

On 29th Sep. 2015, the Mid-Session of the Urban Data Challenge 2015 was held at IIS, University of Tokyo. Over 150 participants gathered from all around Japan.

DSC02873 IMG_1928

2015年9月1日

小俣特任研究員が関本研究室に加わりました
Mr.Omata joined Sekimoto Lab

小俣特任研究員が関本研究室に加わりました!
Mr.Omata joined Sekimoto Lab as a Researcher!

2015年7月24日

長谷川さんが横浜市のワークショップでMyCityForecastの講演を行いました
Ms.Hasegawa had a presentation on MyCityForecast in a workshop held by Yokohama City

修士二年の長谷川さんが横浜市の主催するワークショップ(7/24,8/27)でMyCityForecastの講演を行いました。
横浜市ホームページ ニュース

On 24th July and 27th August 2015, Master student Ms.Hasegawa had a presentation at a workshop help by Yokohama City. For further news, click here (only in Japanese).

DSC02873

2015年7月8日

関本准教授が情報処理学会のDICOMO2015シンポジウムで招待講演を行いました
Assoc. Professor held a key note speech in DICOMO2015

関本准教授が情報処理学会のマルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウムの人流センシング統一セッションで「人の流れプロジェクトの歩み」の招待講演を行いました。
詳細については、DICOMO Homepage をご覧ください。

On 8th July 2015, Associate Professor Dr.Sekimoto had a keynote presentation at DICOMO2015, a symposium in the conference of information processing. For further news, click here (only in Japanese).

DSC02873

2015年6月23日

アーバンデータチャレンジ2015キックオフイベントを開催しました
Kick-off event of Urban Data Challenge 2015 was held

6月22日、アーバンデータチャレンジ2015のキックオフイベントが、駒場生産研究所にて執り行われました。

On June 22nd, the Kick Off Event of “Urban Data Challenge 2015” was held in Komaba Campus, IIS, University of Tokyo.

urbandatachallenge

2015年6月22日

MyCityForecast が正式公開されました
MyCityForecast is open to public!

修士二年の長谷川さんが中心になって作成した「MyCityForecast」が正式公開されました。(東大ソフトウェア番号:C30153001)
詳細については、こちらをご覧ください。

MyCityForecast, a tool for urban management, which was made by a team led by Ms.Hasegawa, is officially open to public!. For the tool, click on here (only in Japanese).

2015年6月12日

ロンドンのシェアサイクルオープンデータを用いた動画を公開しました
London's share-cycle video was introduced in MLIT meeting

樫山学術研究支援職員が作成した、ロンドンシェアサイクルの動画が国土交通省の第5回全国コミュニティサイクル担当者会議の「海外等にみるコミュニティサイクルの導入事例について(公益社団法人 日本交通計画協会)」で紹
介されました。
リンクはこちら

On 12th June 2015, the video of share-cycles in London, UK, which was made by Sekimoto lab’s researcher Dr.Kashiyama, was introduced in the 5th meeting of Community Cycles held by the Ministry of Land, Infrastructure and Transportation.
Click here (only in Japanese)to see it!

2015年4月21日

大学院入試説明会について
For Graduate School Examination Information

大学院入試説明会が本郷キャンパス工学部1号館15講義室にて2015年5月30日(土)の13:00より開催されます。
当研究室への進学をご希望の方はご出席ください。
詳細はこちらをご覧ください。
大学院入試情報はこちらをご覧ください。

On the 30th of May 2015 from 13:00, the information session of our department’s entrance examination will be held in the Room 15 of the Faculty of Engineering Bldg. 1.
Please attend this meeting if you wish to apply.
For further information, see This Page.
For general information on graduate school entrance examinations, see This Page.

tokyodaigaku2008yasudakodo3

2015年4月17日

関本准教授が応用数理ものづくり研究会(日本応用数理学会)で招待講演を行いました
Assoc. Professor Sekimoto had a presentation at Japan Society of Applied Maths

関本准教授が応用数理ものづくり研究会(日本応用数理学会)で「都市圏規模のリアルタイム人流推定に向けて」の招待講演を行いました。
リンク

On 17th April 2015, Associate Professor Dr.Sekimoto had a presentation at Society of Japan Applied Maths. For further news, click here (only in Japanese).

2015年4月1日

M1古澤君とB4前田君が関本研究室に加わりました
2 Students joined Sekimoto lab

M1の古澤君とB4の前田君が関本研究室に加わりました!
Master student Mr.Furusawa and undergraduate student Mr.Maeda joined Sekimoto Lab!

2015年3月11日

平成26年豪雪時の山梨県の通行実績状況動画が人の流れプロジェクトHPに掲載されました
Demonstration movie of 2013 heavy snow crisis in Yamanashi is now available at People Flow Project website.

3月11日、福島特任研究員が作成した、パイオニア株式会社提供のSmartLoopの通行実績と車載カメラ画像を用いた平成26年豪雪時の山梨県の通行実績状況(動画)が、人の流れプロジェクトHPに掲載されました。

yamanashi_snow

2015年3月9日

関本准教授が土木計画学ワンデイセミナーで講演を行いました
Associate Professor Sekimoto had a presentation a 1-Day seminar of civil engineering

関本准教授が土木計画学ワンデイセミナー「交通関連ビッグデータは土木計画の研究と実務に何をもたらすか?」で「開発途上国の交通ビッグデータ:ダッカ都市圏を例に」の講演を行いました。
リンク

On 9th March 2015, Associate Professor Sekimoto had a presentation a 1-Day seminar of civil engineering. For further news, click here (only in Japanese).

2015年3月7日

島根での観光実証の様子が毎日新聞、日経新聞の中国地方版に掲載されました
Our work on Shimane prefecture's visitor mobility demonstration was printed in the local press of Chugoku Region

3月7日、G空間プラットフォームにおける島根での観光実証の様子が毎日新聞(3/5朝刊)、日経新聞(3/7朝刊)の中国地方版に掲載されました。

shimane_kanko

2015年2月28日

UDC2014ファイナルで長谷川さんがアプリケーション部門銀賞と水戸市長特別賞を受賞しました
Master Student Hasegawa won silver prize in the application section & Mito city mayor special award in UDC 2014 final stage

2月28日に開催されたアーバンデータチャレンジ2014ファイナルステージで、修士学生長谷川さんがアプリケーション部門銀賞と水戸市長特別賞を受賞しました。

udc_15_150301140246 <発表の様子:MdN DESiGN記事より転載>

2015年2月23日

関本准教授がトルコにて、首相府災害危機管理組織(AFAD)との合同ワークショップで講演を行いました
Assoc.Prof. Sekimoto joined the joint workshop with Republic of Turkey Prime Ministry Disaster & Emergency Management Authority (AFAD)

2月23日、 関本准教授が内閣府主催の海外防災調査セミナーの一環で、トルコ・アンカラにて、首相府災害危機管理組織(AFAD)と合同ワークショップを行い、講演しました。

3387-B-20150225132157-dfsdg6

<AFAD HPより転載>

2015年2月18日

2014年度の修論・卒論発表会が行われました
Final Defense for Master and Bachelor Students

2月10日に修士2年若生さんが、2月17日と18日に学部4年矢部さん、木下さんが、それぞれ研究発表を行いました。
そして卒業へ。お疲れ様でした!

wako_happyo

2015年2月16日

2/28 アーバンデータチャレンジ2014 ファイナルステージを開催します
Feb.28th Urban Data Challenge 2014 Final Stage!

アーバンデータチャレンジ2014は、1年を通して全国10の地域拠点と共に様々な取り組みを行ってまいりました。
その集大成として来る2/28に最終シンポジウムと審査会を開催します。

国や公共機関におけるオープンデータの先進的取り組みについてご講演
頂くとともに、優れた作品のプレゼンテーションなど盛りだくさんの内容となっています。

興味のある方は下記から是非とも御申込ください。

2015年2月7日

中條特任准教授が中心的に策定したITS分野における道路の区間ID方式が 国際標準として成立しました
Road Section Identification Dataset was ratified by ISO. Project Assoc. Prof. Nakajyo was involved in the formulation as professional adviser

中條特任准教授が専門家として中心的に策定したITS分野における道路の区間ID方式(Road Section Identification Data set)が国際標準として成立しました!

なお、関連論文としては、以下を参照ください。

今井龍一, 中條覚, 松山満昭, 重高浩一, 石田稔, 浜田隆彦,
道路関連情報の流通のための位置参照方式に関する研究, 土木学会論文集F3
(土木情報学), 土木学会, Vol.69, No.1 pp.34-46, 2013.7

有賀清隆, 今井龍一, 中條覚, 早川玲理, 重高浩一,
道路の区間ID方式を活用した異なる位置表現の道路災害情報の地図表示に
関する考察, 土木計画学研究・講演集, 土木学会, Vol.47, CD-ROM, 2013.6

中條覚,今井龍一,落合修,石田稔,平城正隆,
多様な道路情報の流通に即した位置参照方式に関する研究,
土木計画学研究・講演集,土木学会, Vol.43,CD-ROM, 2011.6

山川隆夫, 関本義秀, 石田稔, 柳田聡,
路線番号等を用いた道路の共通位置参照方式に関する検討,
第27回交通工学研究発表会論文集, pp.125-128, 2007.

2014年12月24日

「G空間プラットフォームの開発・実証」事業がプレスリリースされました
Press release of G-spatial Data Platform Project was published by Univ. of Tokyo

12月24日、関本准教授、瀬戸特任助教が関わっている、G空間情報の円滑な流通や利活用に向けたプラットフォーム開発事業のプレスリリースが配信されました。
東京大学、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)、株式会社日立製作所が共同で、総務省「G空間プラットフォームの開発・実証」事業を受託し、G空間情報を円滑に活用するためのプラットフォームの研究開発を行うことを発表しました。

400007909 <G空間プラットフォームのイメージ図:東京大学プレスリリースより転載>

2014年11月30日

Part-time worker wanted for Dhaka Bump Project!

Bump Recorder is a system service to observe, display, share the irregularity state of the road surface.
The “Dhaka Bump Project” is our project to observe of the irregularity state of the road surface in Dhaka,Bangladesh, using this service.

For more information about participating in this project as part-time worker, please check the following website.

DhakaBumpProject

2014年11月23日

学生3名がCSIS DAYS 2014で発表しました
Three of our students presented in CSIS DAYS 2014

11月22日-23日にかけ、東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライトにて、CSIS DAYS 2014 が開催されました。
関本研究室からは、学生3名が口頭およびポスターでの発表を行いました。

csisdays2014_yabe

2014年11月8日

関本准教授が代表を務める「復興支援調査アーカイブ」チームがGIS学会賞を受賞しました
Assoc.Prof. Sekimoto won the GIS Conference Award for his leading project "Earthquake Disaster Reconstruction Investigation Data Archive"

関本准教授が兼任先で代表を務める「復興支援調査アーカイブ」チームがGIS学会賞(ソフトウェア・データ部門)を受賞しました。第23回GIS学会研究発表会にて”表彰されました。

10509721_866660756677818_7889506678297648016_n

第23回GIS学会研究発表大会にて、修士学生若生さんが優秀発表者賞、 菅野さん(新領域創成科学研究科)が優秀ポスター賞を受賞しました
Master students Wako and Kanno won student awards in the 23rd GISA Annual Conference

11 月7日-8日に中部大学で開催された第23回GIS学会研究発表大会において、研究室メンバーが発表を行いました。
修士2年若生さんが優秀発表者賞を、 修士1年菅野さん(新領域創成科学研究科)が優秀ポスター賞を受賞しました。

2014年10月28日

修士学生長谷川さんがUrb-IoT2014でベストポスター賞を受賞しました
Master student Hasegawa won the Best Poster award in Urb-IoT2014, an international conference held in Rome, Italy

10月27-28日に、イタリアはローマで国際カンファレンスUrb-IoT2014が開催されました。
修士1年長谷川さんがポスター発表を行い、投票によりベストポスター賞に選ばれました。

141111_posteraward

2014年10月21日

修士学生長谷川さんが交通工学研究発表会で発表を行い、研究奨励賞を受賞し ました
Asoc.Prof. Sekimoto and Master student Hasegawa presented at Japan Society of Traffic Engineers's 34th research presentation meeting, and won a prize for young researchers

8月8日に開催された第34回交通工学研究発表会にて、関本准教授と修士1年長谷川さんが発表し、長谷川さんの研究が研究奨励賞を受賞しました。

happyokai34_04<一般社団法人 交通工学研究会HPより転載>

2014年9月29日

2014年度夏学期少人数セミナー「アジア携帯サービス」最終報告会を行いました
Briefing session of our seminar "Solving Problems with Mpbile Phone Services in Asian Countries" was held

今年で3年目となる少人数セミナー「アジア携帯サービス」の最終報告会が行われました。
本年度は社会基盤学科の計11名の学生が、それぞれ計5都市(シンガポール、カトマンズ、ヤンゴン、マニラ、ダッカ)を訪問し、携帯電話を用いた新しいサービスを提案しました。

少人数セミナー

2014年9月27日

オープンデータサミットで関本准教授が講演しました
Assoc.prof. Sekimoto had a lecture at Open Data Summit held by the LOD challenge committee

9月27日に開催されたLODチャレンジ実行委員会主催のオープンデータ・サミットで関本准教授が講演しました。

2014年9月15日

関本准教授がアジア開発銀行本部で行われた Transportion Forum 2014で招待講演を行いました
Assoc.Prof. Sekimoto was invited to give a lecture at the Transportation Forum 2014 in ADB headquarter office in Manila

9月15日、関本准教授ががアジア開発銀行(ADB)のマニラ本部で行われたTransportion Forum 2014で招待講演を行いました。

adb_transportationForum2014

2014年9月3日

少人数セミナーで訪問した様子がカトマンズ大学のHPに掲載されました
Article about our visit to Kathmandu University was posted on Kathmandu University HP 

9月2日に、少人数セミナーでカトマンズ大学を訪問し、Department of Civil & Geomatics Engineering (DCGE) で発表を行いました。その様子が、カトマンズ大学のHPに掲載されています。

2014年7月24日

人の流れ研究会ワンデーチュートリアルを行いました
One-day tutorial was held by the People Flow Project Team

7月24日、人の流れ研究会でワンデーチュートリアルを開催しました。
多様な分野での人の流れデータの活用について、貴重な意見交換の場となりました。

DSC01078 DSC01086

2014年7月12日

関本准教授が茨城県清真学園で講義を行いました
Prof.Sekimoto held a lecture at Seishin High School

7月12日、関本准教授が茨城県清真学園で講義を行いました。

2014年6月23日

アーバンデータチャレンジ2014キックオフイベントを行いました
Kick-off event of Urban Data Challenge 2014 was held

6月23日、アーバンデータチャレンジ2014のキックオフイベントが、駒場生産研究所にて執り行われました。

2014年6月7日

生研公開2014が行われました
IIS Open House 2014 was held

6月6-7日に、生研公開2014が行われました。
柴崎・関本研での研究ポスター展示を行いました。

DSC_0304 DSC_0308

2014年6月1日

樫山学術支援専門職員が着任しました
Dr. Kashiyama joined our lab as a Project Academic Support Staff

6月より、樫山学術支援専門職員が着任されました。

2014年4月1日

福島特任研究員が着任しました
Mr.Fukushima joined our lab as a a Project Researcher

4月から、福島特任研究員が着任されました。

本年度卒論生2名が配属されました
Two bachelor students joined our lab

4月から、卒論生として矢部君と木下君が関本研に参加しました。

2014年3月10日

関本准教授が日本地震工学会のワークショップ2014で特別講演を行いまし た
Prof. Sekimoto had a special lecture at a workshop of Japan Association for Earthquake Engineering

関本先生が日本地震工学会のワークショップ2014で特別講演を行いました。

2014年3月2日

NHKスペシャル「震災ビッグデータ3」が放送されました
NHK's special TV program "Big data on disastrous occasions" was broadcasted

柴崎・関本研が出演・協力したNHKスペシャル「震災ビッグデータ3」が放送されました。

2014年3月1日

アーバンデータチャレンジ2013 Finalステージが開催されました 
Final stage of Urban Data Challenge Tokyo 2013 was held and the best ideas were awarded

アーバンデータチャレンジ2013 Finalステージが開催され、受賞者が決まりました!
Internet Watchでその様子が詳細に取り上げられています。

2014年1月28日

公開シンポジウム「モバイルデータの社会的な有用性と期待~ビッグデー タ時代の安全なデータ利用に向けて」が開催されました
Symposium on "Social utilization and expectation for mobile data - For safe big data use - " was held

公開シンポジウム「モバイルデータの社会的な有用性と期待~ビッグデータ時代の安全なデータ利用に向けて」は参加者216名と盛況のうちに終わりました。

2013年12月16日

檀上涼子さんが関本研に秘書さんとして加わりました
Mrs. Danjo joined our lab as Prof. Sekimoto's secretary

檀上涼子さんが関本研究室のメンバーに秘書さんとして加わりました。

2013年12月7日

関本准教授がGIS day in 関西で基調講演を行いました
Prof. Sekimoto had a lecture at "GIS day in Kansai 2013"

関本先生が奈良大学で開催されたGIS day in 関西で基調講演を行いました。

2013年12月5日

関本先生が建築学会のシンポジウムで基調講演を行いました
Prof. Sekimoto had a lecture at a symposium of Architectual Institute of Japan

関本先生が建築学会第36回情報・システム・利用・技術シンポジウムのオープニングパネルディスカッションで基調講演を行いました。

__ 1

2013年11月16日

G空間エキスポに出展・発表を行いました
Shibasaki and Sekimoto lab members exhibited and presented their works in the G-spatial Expo 2013

11/14-16に科学未来館にて開催されたG空間エキスポにおいて、柴崎・関本研関係者も様々な出展・発表を行いました。

GExpo GExpo2

GExpo3 GExpo4

GExpo5

2013年11月14日

CSIS寄付研究部門の活動がGIS学会において教育賞を受賞しました
CSIS-i(corporate-sponsored research program) was awarded for the educational award in the GIS conference 2013

柴崎・関本研が中心的に行っているCSIS「次世代社会基盤情報」寄付研究部門の活動がGIS学会において教育賞を受賞しました

GIS学会賞

2013年11月3日

日仏中の共同研究「PREDIMAP」最終ワークショップを開催しました
Final workshop of "PREDIMAP", a joint research of research teams from Japane, France and China, was held

日仏中の共同研究「PREDIMAP」の最終ワークショップを開催しました。

PREDIMAP1 kIG5N8U4IBUraBr1387343372_1387343389

2013年10月28日

JSPS短期外国人研究招聘研究者、Santi講師が 11/5-1/5まで滞在します
Mr. Santi Phithakkitnukoon joins our lab as a JSPS short-term visiting researcher from Open Univ., UK, 11/5 - 1/5

JSPS短期外国人研究招聘研究者で、イギリスのOpen大学からSanti講師が11/5-1/5まで滞在します。

2013年10月22日

「人の流れプロジェクト」の取組をITS世界会議でブース出展しました
Placed a booth of "People Flow Project" at the 20th ITS world congress

関本先生が代表を務める「人の流れプロジェクト」の取組についてITS世界会議(東京開催)でブース出展しました。

2013年10月5日

アーバンデータチャレンジ2013が作品応募要項をプレスリリースしました
Urban Data Challenge 2013 has now issued the press release of requirements for works

関本先生が実行委員長を務める、「アーバンデータチャレンジ2013」が作品応募要領をプレスリリースしました。是非御応募下さい!

2013年10月1日

少人数セミナー「アジアの都市課題を携帯・ICTで解決する」の報告会を行いました
Briefing session of our seminar "Solving social problems of Asian cities with ICT" was held

社会基盤学科三年生を対象にした少人数セミナー「アジアの都市課題を携帯・ICTで解決する」の報告会を行いました。今年は、14人が7都市(ダッカ、バンコク、ヤンゴン、カトマンズ、ジャカルタ、ハノイ、マニラ)に訪問して提案を行いました。

1383925_440822636035210_881471974_n

2013年9月27日

関本准教授が計測自動制御学会SICEセミナーで講演を行いました
Prof. Sekimoto had a lecture talk at the seminar of SICE(The Society of Instrument and Control Engineers)

関本先生が、計測自動制御学会SICEセミナー(東京ビックサイト)で、
「都市における人々の流動や社会基盤の情報流通とビッグデータ」という題目で講演を行いました。

関本准教授へのインタビュー記事が日経BizGateに掲載されました
Prof. Sekimoto's interview is on Nikkei BizGate

関本先生へのインタビュー記事「首都圏直下地震に備えるビッグデータ〜ICTの進化を災害対策にどう生かすか?」が日経BizGateに掲載されました。

2013年7月28日

関本研究室のホームページがオープンしました!
Sekimoto Lab HP is now open!

関本研究室のホームページがオープンしました!

2013年7月3日

東日本大震災当日の陸前高田市における避難状況(陸前高田市)
Evacuation of people in Rikuzentakata on the day of the Great East Japan Earthquake (Rikuzentakata, Iwate)

2013年6月10日

関本准教授が実行委員長を務める「アーバンデータチャレンジ東京2013」キックオフイベントの様子が複数のメディアに掲載されました!
The kickoff event of “Urban Data Challenge Tokyo 2013” is presented in media. Prof. Sekimoto joins the project as executive committee chairman.

2013年4月1日

生産技術研究所内に関本研究室ができました!
Sekimoto Lab is now founded in the Institute of Industrial Science, University of Tokyo.

生産技術研究所内に関本研究室ができました!